イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【メジャー2nd】第63話:4番の対応力【ネタバレ感想】

2016/08/13

160810-m05

◆メジャー2nd◆

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻(63話・64話・65話・66話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆三船ドルフィンズ◆
160713-m01

◆東斗ボーイズ◆
160713-m02

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船
東斗 1 1




眉村を追い込む佐藤

1回裏、東斗ボーイズの攻撃。

1点を先制し、なおもノーアウト、ランナー1、2塁のチャンスが続きます。

バッターは一番怖い、4番キャッチャーの眉村。

キャッチャーミットがよくみえる眼鏡を借りることができた佐藤はベストピッチができるようになりました。

初球は、見逃しのストライク!

二球目は・・・・・なんと空振りでツーストライクです!

160810-m01

160810-m02

これ以上、点をやるわけにはいきません。

佐藤の三球目!

160810-m04

ファール! 当ててきました!

3球目にしてやっと当てることができた眉村。

眉村は佐藤を研究していた

眉村が追い込まれているかのようにも見えます。

しかし、眉村はしっかりと佐藤のピッチングを研究、分析してきていました。

4球目は・・・・ジャストミート!

ライト線へ大きな当たり!!

160810-m05

ファール!

しかし、ホームラン性の大きな当たりでした!

佐藤の弱点

眉村は佐藤の弱点を見抜いていました。

それは『制球力』。

珠は速いのですが、コントロールが悪く、打ちごろの甘いゾーンにしか投げてこないのです。

160810-m07

追い込まれたのは佐藤の方でした。




一週間前から対策していた佐藤

しかし、佐藤も何も考えてこなかったわけではありません。

一週間前の試合後、佐藤は茂野に制球力に関して相談していました。

160810-m08

強敵の東斗を抑えるには、やはり制球力が必要です。

しかし、自分では制球力をつける方法がわかりません。

そこで、親がピッチャーだった茂野に、佐藤は相談します。

160810-m09

もともと茂野の父親は右投げでしたが、怪我で左投げに変更しています。制球に関しては、多くの苦労があったはずです。

茂野は、父親なら何か良い方法を知っているのではと考えました。

佐藤の渾身の5球目!

完全に眉村に見切られていた佐藤。

5球目を・・・・・投げます!

160810-m10

外角低め、ストライク! 見逃し三振です!

眉村、手がでませんでした!

ベンチに戻る眉村。

160810-m11

眉村は佐藤の制球に驚きます。

ずっと甘いコースに来ていたにもかかわらず、最後の一球はアウトコースギリギリに決まりました。

マグレなのか・・・・・それとも・・・・・?




-MAJOR2nd

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。