イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【メジャー2nd】第75話:(東斗戦17)監督、目覚める【ネタバレ感想】

2016/12/04

161116-m06

◆前回のあらすじ◆

ドルフィンズの勢いに押され同点に追いつかれた東斗は、とうとうエースのミチルを出してきました。

161109-m01

5番の佐藤はサイドスローでスピードのあるミチルの投球に苦しみますが、それでもたぐいまれない野球センスでタイミングを合わせてきます。

しかし、本領発揮し始めたミチルの前に、あえなく三振に打ち取られてしまうのでした。




◆メジャー2nd◆

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻(63話64話65話66話67話68話69話70話71話
9巻(72話73話74話75話76話・77話・78話・79話・80話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆三船ドルフィンズ◆
160713-m01

◆東斗ボーイズ◆
160713-m02

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船 0 1 2 2 5
東斗 1 0 4 0 5




ミチル、2者連続三振!

5番の佐藤を三振にうちとったミチルは、そのままの勢いで6番有吉も三振にうちとります。

5回の表、2点を取って同点に追いついたドルフィンズでしたが、ミチルの登場で完全に勢いをたたれてしまいました。

161116-m01

東斗の監督

今まで眉村に指揮権を渡し黙ってみていたが、これからは監督が指揮を執ることになりました。

5回の裏、東斗の攻撃は3番センターの弓削から。

1球目は外角高めのボール球。その珠を見送って、バッターの弓削は監督の言ったとおりだと確信します。

161116-m02

弓削は監督の指示通り狙っていた外角低めをライト前に打ち返します。ヒットです! ノーアウトでランナーが出ました!

4番の眉村

ノーアウト、ランナー1塁のピンチで4番の眉村です。

眉村は5失点と今までにない屈辱を与えられて、気持ちが荒立っていました。必ずバットで落とし前をつけてやると、強気で振りに行きます。

空振り! ワンストライク!

161116-m05

ボール気味の球に手を出してしまいました。

一人で野球をやるな

そんな眉村を見て、監督は眉村に送りバントのサインを出します。

4番の自分に送りバントのサインであったため、驚いた眉村はタイムをとって監督のものへ。

監督は打てそうもないから、そう指示を出したと説明します。

眉村はバントは得意ではないというミチルの言葉で、監督は好きに打って構わないと指示を変えますが、最後にこうアドバイスします。

161116-m06

その言葉で目が覚めた眉村。

161116-m07

ピッチャーが投げてくるボールを冷静に見始めます。完全に冷静さを取り戻すのでした。




-MAJOR2nd