イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【メジャー2】第79話:(東斗戦21)バッテリーの秘策【ネタバレ感想】

      2016/12/14

◆前回のあらすじ◆

試合を諦めていない茂野は粘りに粘ってフォアボールで出塁します。

161207-m06

すでに試合を諦めていた卜部でしたが、今までの茂野の頑張りを見てきただけに、その気持ちが伝わってきました。

打球はワンバウンドで大きく上空に! ピッチャーはとってすぐにファーストに投げますが、全力疾走のヘッドスライディングを見せた卜部はセーフで出塁に成功するのでした。




◆メジャー2nd◆

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻(63話64話65話66話67話68話69話70話71話
9巻(72話73話74話75話76話77話78話79話80話
10巻(81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話・89話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆三船ドルフィンズ◆
160713-m01

◆東斗ボーイズ◆
160713-m02

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船 0 1 2 2 0 5
東斗 1 0 4 0 2 1 8




卜部出塁でチャンス拡大!

卜部のしぶとい内野安打で、チャンス拡大です!

これでワンナウト1、2塁となりました。

次は4番キャッチャーのアンディ。そして、5番の佐藤と好打線が続きます。

さすがに、ミチルと眉村も危機感を感じます。

ミチルは、眉村に切り札を出すことを提案。もう、出し惜しみなどしていられません。

ミチルのアンダースロー

打席に立つアンディ。

ここでミチルは思わぬ投球フォームで投げてきます。

なんと、『アンダースロー』です。

普段は『サイドスロー』で投げていますが、アンディに対していきなりアンダースローの投球フォームで投げてきたのです。

アンディ、思いもよらぬアンダースローに手が出ません。

厄介なことになってきました。

サイドスローとアンダースローの違い

ベンチから見ている佐倉は疑問に感じます。

投球フォームが少し変わっただけだし、ボールのスピードはむしろ遅くなっているため打ちやすくなったのではないかと思ったからです。

それに対して監督は答えます。

・アンダーとサイドではフォームのリズムが違う
・球の軌道も違う
・スピードが違うため、今まで計っていたタイミングとずれてしまう

つまり、今までに無い投球フォームを使われるということは、極めてタイミングをとるのが難しくなってしまったということなのです。

サイドスローに絞っていた

ツーストライクに追い込まれたアンディ。

初めてみるアンダースローにタイミングを合わせられません。

ここで、ミチル、眉村バッテリーはアンディの意表を突きます。投球フォームを『サイドスロー』にしてきたのです。

2球アンダースローを見せてタイミングをずらしたため、サイドスローには対応できないだろうという判断でした。

打ち取ったかと思われましたが・・・・・アンディはセンター前に打ち返します! ヒットです!

絶対に打ち取れると考えていただけに、眉村も驚きます。

これはアンディの作戦勝ちでした。

最初からアンダースローに対応することなど考えておらず、必ず混ぜてくるであろうサイドスローだけに絞ってタイミングを計っていたのです。

これで、ワンナウト満塁という大きなチャンスとなりました!

次のバッターは、5番センターの佐藤です。

佐藤は敬遠しろ

ここで東斗の乾監督はタイムをかけマウンドに上がります。

監督は、勝負を焦りすぎだと言います。3球勝負ではなく、もう少しボール球を使っても良かったと。

そして、指示を出します。

5番の佐藤はこの試合で良いバッティングをしています。逆転の満塁ホームランを打つ可能性も否定もできません。

現在3点差あります。フォアボールで押し出し1点を与えても点差は2点。

6番バッター以降がミチルのボールを打てるとは思えません。

乾監督はそこを的確に見抜き、敬遠を指示するのでした。




 - MAJOR2nd