◆前回のあらすじ◆

ワンナウト1,2塁のピンチとなったミチルは、4番のアンディに対し、『アンダースロー』で投げてきます。これ以上ピンチが続くのを避けたかったため秘策を出してきたのです。

ツーストライクに追い込んだミチルは意表をついてアンダーからサイドスローに戻し三振を狙いに行きます。

しかし、アンディは冷静にサイドスローだけに絞り、待ち構えていました。見事、センター前に打ち返します。

ワンナウト満塁というピンチに、東斗の監督は『5番の佐藤を敬遠しろ』と指示を出すのでした。




◆メジャー2nd◆

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻(63話64話65話66話67話68話69話70話71話
9巻(72話73話74話75話76話77話78話79話80話
10巻(81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話・89話)

最新『メジャー2nd』

【電子書籍】メジャー2nd【電子書籍】週刊少年サンデー

◆登場キャラクター◆

◆三船ドルフィンズ◆
160713-m01

◆東斗ボーイズ◆
160713-m02

◆現在の試合状況◆

Aブロック準々決勝
『三船ドルフィンズ』VS『東斗ボーイズ』

三船 0 1 2 2 0 5
東斗 1 0 4 0 2 1 8




5番佐藤を敬遠

東斗はワンナウト満塁と言うピンチ。

強打の佐藤がホームランを打ってしまえば逆転となってしまいます。

そこで、監督は佐藤を敬遠、相手に一点を献上し、6番、7番を抑えて試合終了にするよう指示を出します。

ミチル、眉村バッテリーは監督の敬遠策を受け入れます。

驚いたのはドルフィンズの方。

もう佐藤にかけるしかない状況だったからです。

佐藤以外ではミチルの球を打てそうにありません。絶体絶命となってしまいました。

勝負させてください!

敬遠策を行うミチルですが、不満顔です。

ためらってなかなか投げませんし、敬遠とは思えないようなスピードで投げてきます。

困惑するキャッチャーの眉村。

そこで、また監督がタイムを取り、マウンドに上がります。

監督は、ミチルの正直な気持ちを聞きます。

ミチル
『はい、勝負して勝ちたいです』

『たかが地区大会のこんなところで』
『押し出ししてまで勝負を避けるような野球をするチームが』
『この先、一番高いところに行けるなんて思えません!』

(それでこそエースだ!!)

ミチルの熱い気持ちを聞いた監督は、勝負することを認めるのでした。

茂野吾郎みたいな豪快な左オーバースロー

キャッチャーの眉村が座ります。

敬遠策をやめたのです。

敬遠2球の後の3球目! ミチルはサイドスローで外角すれすれに入れてきます。ストライク!

勝負してくれるとわかった佐藤は集中します。

ツーワンからの4球目! 佐藤はなんとかバットに当ててファール! しかし、振り遅れています。

追い込んだミチル。

ここで、ミチルはキャッチャーのサインに首を振り、自分独自の投球を行います。

ミチル
(悪いね渉・・・)
(あたしはとりあえず制球のまとまる)
(サイドスローとアンダースローでマウンドに上がって来たけど)
(本当は好きでやってたんじゃない)

(あたしが憧れるピッチャーの投球スタイルは)
(あの茂野くんのお父さん・・・・・)

そこにいた誰もが驚くミチルの左オーバースロー!!

勝負の行方は・・・・・!?