◆前回のあらすじ◆

上級生と一年生による5人制の特殊野球。上級生による1回表の攻撃は3者凡退で0点。1回裏は一年生の攻撃。

1番の菅原は、サード関鳥のエラーで出塁。しかし、大吾のたてた頭脳プレーで1塁牽制アウト。ノーアウトのランナーが消えてしまいます。続く2番北大路は大きなバウンドによるショートゴロ。相楽が取って1塁へ投げますがセーフ。3番はピッチャーの仁科。自信をもって降りぬいた打球でしたが、ピッチャー頃。セカンド、ファーストへ送ってダブルプレーでスリーアウトチェンジとなってしまいます。

ピッチャー睦子の球はそれほど早くはないにもかかわらず、何故か全員打ち損じてしまいます。その理由がわからない仁科に、大吾はアドバイス。それは、『変化球への対応』でした。少年野球では変化球が無いのですが、中学野球から変化球が許可されているのです。そのため、仁科たちは変化球を投げている睦子に対応しきれていないのでした。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

第10巻まで発売中!

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻(23話・24話・25話・26話・27話・28話・29話・30話・31話・32話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

2回表、大吾の打席

1回が終わって0-0。

2回表の先頭バッターは4番キャッチャーの大吾。

1年ピッチャーの仁科は、先ほど大吾に指摘された少年野球と中学野球の違いが頭をよぎります。軟式の少年野球には変化球がなかったのです。一球目は動揺してしまい、ボール。

仁科は対抗意識を燃やし、2球目は独自に練習してきた変化球を投げてきます。

しかし、コントロールしきれず、暴投です。

大吾
『急に無理して変化球投げなくていいよ』
『君みたいに今まで直球だけで十分だった投手だと』
『変化球何てお遊び程度しかやってないでしょ』

『そんなのいいから君の今のまっすぐを見せてよ』
『うちのエース候補かどうか確かめたいから』

上から語りだす大吾。

仁科はイラつき始めます。

仁科
『うるせええーーーっ!!』

そういって投げた仁科の球を、大吾は芯でとらえ、外野へ打ち返します。

5人制野球であるため、外野はいません。

一年生達は打たれてしまったショックと、取りに行っても間に合わないという判断から、ボールを取りにいこうとしませんでした。

それを見て、大吾が1年達を怒鳴りつけます。

大吾
『何やってんだショート!』
『拾いにいけーっ!』

『先輩をなめるのは勝手だけど』
『野球をなめるのだけは許さねーぞ!!』

慌てて拾いに行くショート。

しかし、結局間に合わず、大吾のランニングホームランで上級生チームが1点を先制します。

仁科との和解

一点を取った大吾は、1年生たちに語り掛けます。

大吾
『まだやる?』
『君たちも経験者ならもう気づいてるよね?』
『俺たちをただの偏見でヘタクソと決めつけてたって事』

大吾
『仁科はいいピッチャーになりそうだ』
『他のみんなもいい動きしているし楽しみだ』

そういって、大吾は仁科に手を差し出します。

大吾
『別に先輩にヘーコラしろなんて言わないし』
『仲良くやっていこうなんて言う気もない』
『みんなで争えば争うほどチームは強くなる』

『勝負は終わったんじゃなく』
『今、始まったんだ』
『ようこそ、風林中野球部へ』


スポンサーリンク

◆感想◆

これはもう試合は終わりってことなんでしょうかねぇ? 思いがけない展開です。

◆少年野球の軟式と硬式

私も詳しいことはよくわからないのですが

軟式・・・ストレートのみ
硬式・・・変化球OK

という事なのだと思います。間違えていたらご指摘ください。

そう考えますと、軟式と比べると、硬式の方がはるかにレベルが高いという事になるのではないでしょうか。

風林中は野球部強化として軟式の名門からスポーツ推薦を取りましたが・・・ストレートのみの軟式よりも、変化球有りの硬式の強豪校の方からスポーツ推薦を取った方が良かったのではないかなとも思えます。

◆千葉と相楽のカップリング?

千葉がやけに相楽の行動に反応しているような気がします。前回の守備の時も、相楽の守備を千葉は高く評価していましたからね。

作者さん的には『千葉ー相楽』のカップリングで意識しているような気がします。

◆硬式の強豪校『横浜リトル』

前作のメジャーを読んでいる方ならご存知だと思いますが、主人公の吾郎の父親が所属していた名門であり、小学生編の最後に戦ったライバル校が名門の『横浜リトル』ということになります。私も最近まとめて読んで知識を得ました。

この2人が硬式の方の、しかも全国に行ったレギュラーだという事なら、主力として今後活躍していくキャラになるんでしょうね。

◆何で大吾がキャプテンで、睦子が服キャプテンなのか?

沢と相楽が横浜リトル出身という事なら、この2人がキャプテン、副キャプテンをやるというのが普通ではないでしょうか。実際は、大吾と睦子がやっています。

これは大吾と睦子の方に、沢、相楽以上の何かがあるってことなのだと思われます。作者さんもワクワクさせてくれます(笑)。

◆全国高等学校女子硬式野球連盟

前作は中学生編で女子は野球をやっていませんでしたよね? 中学生編の知識が中途半端なので自信無いですが。横浜リトルのピッチャーだった女子が高校になっても野球を続けている・・・という話をアニメで少し見たような気もしますが、バッティングピッチャーくらいで選手としてはやってないという話だったように記憶しています。

そういえば、大吾の姉ちゃんは高校で野球を続けるために、別の高校を受験するという話でした。気になったのでちょっと調べてみたらこのようなものを見つけました。

◆全国高等学校女子硬式野球連盟
http://www.girls-baseball.jp/

47都道府県で全23校だそうです。大吾の姉ちゃんはこういったところに行っているのかもしれません。

メジャー2は女性を大きくクローズアップさせているような雰囲気がありますので、もしかしたら高校の女子野球まで表現して、世間に広めていきたいという考えがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように