前回のあらすじ

五木中の1回裏の攻撃。ピッチャーの睦子はいきなり1番バッターをデットボールで出塁させてしまいます。五木中野球部のヤジも入り、必要以上に緊張してしまう睦子は、2番バッターも制球が定まらずフォアボールで歩かせてしまいます。

ノーアウトでランナー2人を歩かせてしまう状況に焦ったアニータはタイムをかけマウンドに。そこへレフトから駆け寄って来た大吾が『マウンドの高さ』に原因があるのではと指摘しマウンドの高さを調整し始めます。意外な指摘で気持ちがほぐれた睦子は、3番バッター相手にストライクが先行。内野ゴロを打たせ、ショート、セカンド、ファーストのダブルプレー。次の4番横内もピッチャー頃に抑え、ピンチを迎えたこの回、何とか無失点に抑えることに成功するのでした。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

第10巻まで発売中!

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話
10巻82話83話84話85話86話87話88話89話90話
11巻91話92話93話94話95話96話97話98話99話
12巻00話01話02話03話04話05話06話07話08話
13巻09話10話11話・12話・13話・14話・15話・16話・17話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

◆現在の試合状況◆

全日本少年軟式野球大会
◆トーナメント第1回戦
『風林学園』VS『五木中』

風林 3 3
五木 0 0

1回裏の五木中の攻撃を0点に

2者連続四死球と立ち上がり大乱調だった睦子ですが、大吾のアドバイスを受けてから一転。無事無失点で五木中の攻撃を抑えることに成功します。

睦子
『大吾のおかげだよ』
『学校のブルペンと軸足の土の高さが違う事なんか』
『気付いてなかったから・・・・・』
『土を掘ったら軸足が安定してしっくりいったんだ』

2回表、仁科と丹波先輩の打席

2回表の風林学園の攻撃は、7番ライトの仁科から。

風林学園の初めての男バッターとなる仁科でしたが、相手ピッチャーは7番と下位打線で打っているくらいなら大したことは無いと自信を持った投球をします。

仁科は内角のストレートに空振り!

そして、最後は内角ボール球からストライクゾーンに入ってくるスライダーで見逃し三振! 変化球に対応しきれません。

8番はファーストの丹波。

バッティングマシーンとは違い生きたボールを投げてくる相手ピッチャーに丹波は手が出ません。

結局、一度もバット振ることは無く見逃し三振となってしまいます。

丹波
『あ・・・そ、そうだな、すまん・・・』

大吾の打席

ツーアウトで9番レフトの大吾。

1球目、2球目と空振り。ボールがバットに当たりません。

3球目は外角へのストレート。大吾は見逃します。ボール。

4球目は内角のボールからストライクゾーンへ戻ってくるスライダー。それを見逃します。ボール。大吾はしっかりとボールを見ます。

5球目、ストライクゾーンへ入れてきたスライダーでしたが・・・・・大吾はファールチップ! チームで初めてスライダーにボールに当ててきました。

6球目のスライダーも大吾はバットに当ててきます。一塁側の観客席に入るファールボール。確実にボールを捕らえ始めます。

そして7球目は・・・・・空振り! 大吾、粘りましたが空振り三振です。

相手バッテリーは大吾がスライダーにタイミングが合い始めたため、最後は外角コースギリギリのストレートを投げてきたのです。その為、スライダーを待ち構えていた大吾はカットしきれなかったのでした。

大吾の頑張りを見ていた丹波は、守備のためのグラブを大吾に手渡す時、次はくらいついて行くと大吾に約束するのでした。

スポンサーリンク

◆感想◆

可愛らしいキャラクターの駒たち

珍しくこった表紙絵となりました。可愛らしいですね(笑)。そのうち、こうった商品を売り出したりするかもしれませんね。ガチャとかで。下の数字は『守備位置』を表す番号になっているようです。

アニータ暴走の前触れか!?

立ち上がり、緊張で制球が定まらなかった睦子を、大吾は助言一つで安定したピッチングに戻しました。そのため、アニータ的には少なからずショックを受けています。

『なんもできんかった』
『キャッチャーのうちが赤っ恥やんか・・・!』

ここは自分の勉強不足を恥じるべき状況なのですが・・・・・その点、アニータはわかっているのかなぁと少々疑問に感じました。何だか『いいとこ持って行かれて気にくわん!』くらいの感覚でいるような気がしてなりません。後々、アニータが暴走し始めるのではないかと心配です。

仁科の打席

仁科は初球を振りにいっていますが空振りです。おそらくこれはストレートだと思います。ストレートを空振りするという事は・・・・・バッティング自体はそれほど上手くないってことなのかもしれませんね。でも5VS5の試合では4番を打っていましたし、そこそこ打てるようにも思えます。それでも7番バッターになってしまったという事は、それだけ横浜リトル組が優れているってことかな?

ストレートのみの軟式にいた仁科はまだまだ変化球には対応しきれない状況のようです。

丹波先輩の打席

あまり野球は上手くないという雰囲気です。

大吾がキャプテンとは言え、運動部で先輩にこういったことを言うのはまずいです。スポーツ系では結構、上下関係が厳しいところが多いですから。

仁科が言いたい放題のやりたい放題をやっていましたが、基本的にリアルでは先輩にとやかく言うのはまずいです。その点は、皆さんも注意しときましょう。

大吾の打席

小学校時代はまったく打てないイメージの大吾でしたが、この一年、そうとうにバットを振り込んできたんでしょうね。相手監督も感心するような鋭いスイングをしているようです。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク