スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話・85話・86話・87話・88話・89話・90話・91話・92話)

最新『ダイヤのA act2』

◆試合状況◆

春季東京都大会 準決勝
『青道』VS『市大三高』

青道 2 2
市大 0

降谷、制球定まらず

1回の表の攻撃で2点先制した青道高校。

しかし、降谷の制球が定まりません。1回裏の市大三高の先頭バッターは打ち取るものの、2番は四球で歩かせてしまいます。そして3番は番はレフト前ヒット。これでワンナウト、ランナー1塁2塁に。

4番の星田ははレフトフライ。二塁ランナータッチアップで、ツーアウトのランナー1、3塁に。

そして、5番の佐々木。明らかなボール球でフォアボール。これでツーアウト満塁となってしまいました。

降谷、なぜか力んでおりボールが安定しません。

スポンサーリンク

御幸、降谷のもとへ

この場面で、キャッチャーの御幸は降谷の元へ行きます。

満塁の方がランナーに気を取られることもなく、バッターに集中できると降谷にアドバイス。御幸としては力んでいる降谷にリラックスしてほしいところでしょう。

御幸
『真っ直ぐで押すぞ!』

そうはいっても、実際はストレートしかストライクゾーンに入らないという状況です。

そして、市大三高の監督は降谷の変化球がストライクゾーンに来ないことはわかっています。バッターにはストレートに絞って狙い打つようにと指示。

ストレート勝負!

市大三高が降谷のストレート一本に絞っているのは御幸もわかっていました。しかし、こうなったらもう降谷のストレートを信じるしかありません。

降谷の初球、真ん中高めのストレートを相手バッターはジャストミート! センター方向へ打ち返します!

センターへの大きな当たり! しかし、センター東城の足が止まりました。フェンス手前のセンターフライです。

2アウト満塁のピンチでしたが、何とか青道高校は、初回を0点で切り抜けることが出来ました。

制球に苦しむ両投手だけど・・・

1回が終わって2-0で青道高校がリードです。

2回以降も両投手、制球に苦しみランナーを背負う場面の多いピッチングとなりますが、両チームとも守備が固く、投手を助け得点につながりません。

4回まで2-0のままの投手戦。

降谷はなかなか調子が上がってこないのに対して、市大三高の天久はスライダーの切れ味が鋭く、枠に収まってきました。本調子になりつつあります。

スポンサーリンク