◆前回のあらすじ◆

4回表、市大三高の攻撃。エラーでバッターランナーは二塁に出塁。ワンナウト2塁で4番の星田を迎えます。一球目は内角への変化球でファール。2球目は外角低めへ沈む球でストライク。キャッチャー御幸の『フレーミング』という捕球技術が光る場面でした。これでツーストライクに追い込みます。最後は『カットボール改』で空振り三振。ピッチャーの沢村、一番怖いバッターを力でねじ伏せました。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話・64話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

市大三高VS 青道高校

市三 0 0 0 0
青道 0 0 0 0

5番、佐々木

4番の星田を空振り三振に打ち取り、これでツーアウト2塁となります。

4番を空振りにしイケイケの雰囲気。みんなが沢村を褒めたたえるかのようなシーンが満載。これが・・・・・フラグって奴なのか・・・・・!!?

打席に立つのは5番の佐々木。4番を空振りにしたとしても、5番も十分怖いバッターでした。

佐々木
(一か八か、外のみに賭ける!)

キャッチャー御幸は

『バッターはバットを短く持っている』
『外角で勝負すれば行ける』

と考えていたようですが、バッターもそれがわかっているため

『絶対に外に来るはず』
『打つ前にバットを長く持つ』
『大きく踏み込んで外角球を確実に打つ!』

このように勝負を仕掛けてきました。

スポンサーリンク

そして見事バッターの考えは的中! 振りぬいた当たりはサードとショートの間を抜けてレフトへ転がっていきます。

『レフト正面へのゴロ』ならセカンドランナーがホームを狙うのは無理だと思うのですが、どうやら市大三高は『レフトの結城は守備はうまくない』と判断していたようです。一気にホームへと戻ってきました。

ホームでクロスプレーとなりますが・・・・・結果は『セーフ』。市大三高に先制点が入ってしまいます。レベルの高い投手戦になっていただけに、これはかなり大きな1点です。

天久
『勝った』

いやぁ、天久、凄い自身です。『青道に1点もやるつもりはない』と考えているようです。天久はそれだけ絶好調なのでしょう。

一年の結城をスタメンにしたのは失敗か

結城の守備がダメなのはわかっていたことです。それでいて『投手戦になる』こともわかっていました。1点入るかどうかの厳しい試合になることはわかっていたはずです。

にもかかわらず、片岡監督は『結城』をスタメンにしました。これはある意味、結城をスタメンにした監督のミスではないでしょうかねぇ。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク