◆前回のあらすじ◆

1回裏、稲城実業の攻撃。1番カルロスのツーベースヒット、2番白河の送りバントでワンナウト3塁という場面。3番早乙女はピッチャー降谷のストレートを浅いセンターフライ。3塁のカルロスはホームへタッチアップをこころみますが、センター東条の返球がよく3塁に戻ります。4番の山岡はショートゴロ。この回のピンチを0点に抑えます。

2回表、青道高校の攻撃。5番前園はアウト。6番降谷も空振り三振。ピッチャーの成宮、エンジンがかかってきました。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
30巻65話66話67話68話69話70話71話72話・73話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

青道高校 VS 稲城実業

青道 0 0
稲実 0 0

2回表、青道高校の攻撃。5番前園、6番降谷がアウトでツーアウト。次は7番『東条』から。

真田、野球部に戻る

準々決勝で市大三高に敗れてしまい、落ち込み気味だった薬師寺の真田。野球部にも顔を出さず放浪していたようですが・・・・・、決勝戦の日に野球部に戻ってきました。気持ちの整理ができたってことなのでしょう。

真田
『またお世話になります』

しかし、3年ですから夏の大会で負けたらもう引退でしょう。野球部に戻ってきてどうするのか? 監督と今後のこと(大学進学や社会人野球など)を話しあったり、後輩たちの練習に付き合ったりするのかな?

スポンサーリンク

2回裏、稲城実業の攻撃

先頭バッターの5番成宮はフォアボールで出塁。

6番の多田野は送りバント。一塁ランナーの成宮は二塁へ。ワンナウト二塁に。

7番の矢部は三振で、ツーアウト二塁という状況。

◆8番、神宮司

神宮司
(すげぇ圧だが、お手上げするほどじゃねぇ)

8番ながらになかなかいいスイングをしてきます。そして、ボールも見えているようです。8番でこれですから、さすが稲城実業打線といったところでしょうか。

カウント3-2のフルカウントで、最後は外へ逃げるスライダー、しかしボール。フォアボールです。バッターはボールが見えているようですね。振ってくれません。これでツーアウト1、2塁になってしまいました。

◆9番、江崎

江崎
(このボールが低めに決まったら手が出ない)
(狙うのはベルトより上・・・)

打つのは難しいため、狙い球を決めてしっかりと振り抜こうという考えのようです。

しかし・・・・・詰まった当たりで、セカンドフライ。降谷は塁に出塁れたものの、しっかりと0点に抑えています。

◆『成宮』と『降谷』の違い

降谷は今年の春(選抜が終わってからの4月以降)、絶不調になっていました。チームのエースということで責任を強く意識し過ぎたことが原因です。

成宮
(つまりはエースの重圧から解放されて)
(のびのび投げられてるってこと・・・?)

沢村がエースになって以降、降谷の不調はなくなりました。降谷にとって『エース背番』を背負うのは重すぎるという事なのでしょう。

言うなれば、『成宮は乗り越えた男』『降谷は乗り越えられなかった男』といったところでしょうか。その差がこれから現れてくるのか・・・・・!?

3回表、青道高校の攻撃

◆8番、金丸

稲城実業の8番は『お手上げするほどじゃねぇ』でしっかりとボールを見極めフォアボールでした。しかし、青道の8番は成宮の圧倒的な力にねじ伏せられて空振り三振。手も足も出ないという雰囲気ですね。

◆9番、麻生

麻生
(俺ぐらいになると、投手が何を考えているか)
(手に取るようにわかるぜ・・・)
(舐めてんだろ! 俺を!!)

そう意気込む麻生に、成宮は球速150kmのストレートで空振り三振。この試合で最速の球です。いやぁ、まったく舐めてませんね(笑)。手を取るようにわかってないじゃないですか(笑)。

◆1番、倉持

一巡して、1番の倉持から。

何やら成宮の周囲から不穏な空気が立ち込めます。エンジンが温まって、いよいよ本領発揮か!? 青道、『成宮を打てない地獄』が始まりそうな予感。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク