◆前回のあらすじ◆

8回裏、青道高校の攻撃。バッターは9番沢村から。沢村はバントの構えからのヒッティングで粘ります。8球粘ったものの、最後は空振り三振。これでワンナウト。

バッターは1番の倉持。今日はよく当たっています。殺気を放つ倉持に、ピッチャー天久は少し動揺したのか2球続けてボール。3球目は真ん中よりのストレートになってしまい、それを倉持はセンター前へと打ち返します。これでワンナウト1塁に。同点のランナーが出塁しました。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話・58話・59話・60話・61話・62話・63話・64話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

市大三高VS 青道高校

市三 0 0 0 1 0 0 0 0 1
青道 0 0 0 0 0 0 0 0

8回裏、ワンナウト1塁でバッターは2番の小湊

8回裏、青道の攻撃

9番の沢村が三振してワンナウト。1番の倉持がセンター前に打ち返してヒット。ワンナウト1塁という状況。倉持はチーム1の足があるため盗塁の可能性があります。

◆2番、小湊

小湊はこの試合ではあまり活躍している印象はありません。ここで結果を出してほしいところ。

監督のサイン
(狙え! 常に前の塁を)

片岡監督、一塁ランナーの倉持に『盗塁を狙え!』とサインを送っています。ここで点を取らないとどうしようもありませんからね。まさに行くしかないって状況です。

1球目:外角低めへのストレートでしょうか。おそらくボール。なんと一球目から倉持は走ってきました。スタートは出遅れてしまったようですが・・・・・セーフ。倉持も緊張していたのか、慎重に行き過ぎてしまったのか、スタートは出遅れてしまったようです。しかし足の速さを見せつけましたね。

これでワンナウト2塁に。得点圏へランナーが進みました。青道にとっては大きなチャンスです。

スポンサーリンク

ここで市大三高の監督が選手に指示を出し、外野が前進守備。外野手全員がメチャクチャ前に来ます。

市大三高の監督
『天久ボーイにはゴロを打たせるスライがある』
『ウチのボーイズの守備力なら阻止できる』

ということは『勝負球はスライしか投げない』ということでしょうか。ここまであからさまに前進守備をしているわけですから、小湊もその点はよくわかっていると思います。まさに『天久のスライ VS 小湊』の勝負になってきました。

2球目:小湊は1球目『バットを短く』持っていましたが、2球目からは普通に持ち直しました。『思いっきり振り抜くバッティング』を意識しているようです。2球目は内角へのストレート、ファール。バッテリーはバットを短く持つのを辞めた小湊の胸元をえぐってきます。

3球目:外角へ大きく外れます、ボール。これでカウントは2-1。

4球目:内角高めへ、ボール。これでカウントは3-1と天久にとっては苦しい場面になってきました。にもかかわらず周りが何も言っていないところを見ると、もしかしたら『1球目』はストライクだったのかもしれません。だとしたら『2-2』です。

5球目:そして勝負の5球目。天久が投げたのはおそらく『スライ』です。小湊もそれを予想して打っているでしょう。思いっきり振り抜きました。ボールはセカンドとファーストの間に飛び、セカンドが飛びつきますが・・・・・取れません、抜けました。

これで小湊の『ヒット』は確定です。問題は『セカンドの倉持がホームに戻ってこれるかどうか』ってところでしょうか。外野は前進守備であるためバックホームは速いと思います。まだワンナウトですし、ここは3塁で止まるのが普通だと思うのですが、果たして・・・・・!? 何にしても、この回はこの試合最大の山場となってきましたね。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク