◆前回のあらすじ◆

一回表の市大三高の攻撃は三者凡退でスリーアウトチェンジ。

一回裏、青道高校の攻撃。天久は『立ち上がりが弱い』というイメージを払しょくするためエンジン全開の151kmのストレート。しかし、倉持はそれをセンター前に打ち返します。スキあらば盗塁をと考えていた倉持でしたが・・・・・天久の見事な牽制でアウト。

2番セカンド小湊。天久は沢村に負けじと『新球:スライ』を投げてきます。小湊はそれを空振り。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話・33話・34話・35話・36話・37話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

市大三高VS 青道高校

市三 0 0
青道 0
◆1回裏、青道高校の攻撃
・2番小湊、三振
・3番白州、三振
◆2回表、市大三高の攻撃
・4番星田、センターの頭上を越えるツーベースヒット

1回裏、青道高校の攻撃

2番、小湊

ワンナウトでバッターは小湊。ピッチャーの天久は初級から新球『スライ』を投げてきました。それが頭の中にあるせいか、小湊は思うようなバッティングができません。結局、最後は空振り三振。

新球『スライ』があることは試合前から分かっていました。それでも小湊がかき乱されてしまったということは『想像以上のボール』であるということでしょう。

小湊
『途中までストレートにしか見えなかったです』
『山も出てなかったですし』

・・・・・『山』ってなんでしょうね? 『投球フォームにクセが無かった』ということかな? フォームにクセが無いなら球筋でみきわめるしかありません。もう『全部ストレートと思って振る』しか天久を攻略できないのでは?

3番、白州

初球は『スライ』で空振り。やはり白州もストレートとスライの見極めができません。

2球目はストレートっぽかったですが白州はバットが出ません。『スライかも』と頭をよぎったのでしょう。

そして最後は空振り三振。これは『スライ』でしょうね。小湊がそうだったように、白州もスライとストレートで対応できずに終わってしまいました。

スポンサーリンク

牽制アウトの倉持、落ち込み気味

2人が三振して目線を落としてしまう倉持。

倉持
『自分が牽制アウトになったばかりに・・・・・』

こういった気持ちがあるのでしょう。

実際、もし倉持がノーアウトで出塁したままなら

・盗塁して『ノーアウト2塁』の可能性も
・大きなリードでピッチャーをかく乱できる

このようにしてピッチャーの天久を苦しめることができました。これができなかったとういのはかなり痛いです。

天久は立ち上がりが弱いわけですから『初回に点を取る』は絶対の目標だったと思います。それが自分のせいで失敗に終わり天久を勢いづかせてしまいました。

この試合に負けたら戦犯は『倉持』ってことになってしまうくらいに『牽制アウト』は痛いできごとでした。そして倉持もそのことをよくわかっていると思います。・・・・・ひきづって試合に悪影響にならなければ良いのですが。

2回表、市大三高の攻撃

4番星田

2回裏、先頭バッターは4番の星田。市大三高で最も怖いバッターです。

沢村は初球、新球のナンバー9を投げます。星田は空振り。

星田
『なるほど・・・これか・・・』
『・・・うん、次はとらえる』

まるで『これくらいなら次は打てる』と言わんばかりです。

キャッチャーの御幸は星田に勢いづかれては困ると考え『チェンジアップ』を投げさせます。緩急でタイミングをずらそうという作戦ですね。

しかし・・・・・タイミングを外しつつも、星田はミートさせてきました。ボールはセンターの頭上を越えます。ツーベースヒットです。崩されながらも深いところまで持っていきました。パワーがありますね。

これでノーアウト2塁。沢村、ピンチです。天久が良すぎて点を取るのが困難なだけに、ここで点を取られてしまうのはかなりヤバイのですが・・・・・・・。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク