◆前回のあらすじ◆

準決勝の前日。卒業した先輩たち(結城、丹波、宮内、貴子マネージャー)が野球部に応援に来てくれました。皆大喜びです。

午後から沢村は試合前の最後の投球練習。片岡監督を打席に立たせて10球投げることに。そんな沢村を御幸も悪くない状況だと評価します。最後に沢村は前日開発した『新球』を投げます。監督目線でも試合で使えそうな良い球だったようです。

そんな中、丹波先輩が川上を引き連れ監督の元へやってきます。川上の腕が心配だから病院で見てもらった方が良いというのです。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
30巻65話66話67話68話・69話・70話・71話・72話・73話)

最新『ダイヤのA act2』

川上の怪我の状況

腕に違和感がある川上。丹波先輩と降谷に指摘され、病院に行くことになりました。その診断結果は・・・・・

【診断結果】

・筋肉か腱の部分的損傷の可能性
・骨に異常はない
・後日、MRIで精密検査を受けるように、と

何にしても『明日の準決勝』は無理で、精密検査次第では『決勝』も出られない可能性があります。青道にとっては頭の痛い事態になってしまいました。

川上
『野球は高校で最後でいい・・・・・』
『そのつもりでいたからここまで頑張ってこれたんです』
『お願いします! 投げさせてください!』

川上の言う通り、多くの球児にとって『高校野球』が野球人生において最後になるかもしれません。なにより、甲子園は一番の大舞台です。子供の時から目標にして頑張ってきたのでしょう。

一番重要なこの時に『ケガで投げられない』というのはかなり辛いです。川上の気持ちもよくわかります。果たして監督はどのように対応するのか・・・・・!?

スポンサーリンク

①川上が戻ってくるまで勝ち続ける!!

重要な試合とは言え、川上に無理をさせるわけにはいきません。ケガが治るまで試合には出さないでしょう。

代わりに皆に

片岡監督
『川上が戻ってくるまで絶対に負けるな!』
『甲子園まで行くぞ!!』

このように鼓舞するのではないでしょうかねぇ。

②川上に投げさせる!?

どっかのテレビ番組でこのような話がありました。

・ピッチャーが怪我をする
・ピッチャー『どうしても投げたいんです!』
・監督はピッチャーの気持ちをくんで投げさせてあげる
・ケガが原因で再起不能に

・ママが登場して『責任を取ってもらいます!!』
・監督『え!? しかし、本人が・・・・・』
・ピッチャー君、黙って下を向き知らんぷり

この場合、果たして監督は責任を取らなければいけないのだろうか・・・・・という内容だったと思います。

結果がどうだったかは覚えていませんが、まぁ何にしても『再起不能になる可能性』がある以上、監督として『投げさせる』という判断をすること無いと思います。

市大三高、明日の準決勝を控えて

いよいよ明日、『市大三高 VS 青道高校』による準決勝です。市大三高は青道高校と違ってトラブルも無くベストの状況みたいですね。

天久
『俺はお前らを甲子園で見たい』
『お前らの凄さを全国に知ってもらいたいよ』

不真面目なイメージが強い天久ですが、頑張っているチームの皆をしっかりと評価しています。チームプレイのスポーツにとってとても重要なことですね。

スポーツの世界ではよく『お前のせいでうまくいかない!』と人のせいにして攻め立てるような人がいるんですよね。こういう人がいるとチーム全体の士気が落ちてしまいます。

市大三高は素晴らしいチームとして青道高校の前に立ちふさがることになりそうです。厳しい試合になってきますねぇ。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd

◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク