◆前回のあらすじ◆

青道高校と稲城実業による西東京決勝戦がいよいよ始まります。1回表は青道高校の攻撃。1番はショートの倉持。初球は見送ってストライク。低めのカーブでした。2球目は高めのストレートを流し打ち。レフト前ヒットです。ノーアウトで1塁に出塁。1塁ランナーの倉持はリードを大きくとってピッチャーに圧をかけ続けます。そして、バッターは2番セカンドの小湊。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
30巻65話66話67話68話・69話・70話・71話・72話・73話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

青道高校 VS 稲城実業

青道 0
稲実 0

1回表、ノーアウト1塁で、バッターは2番の小湊。

両チームのスタメンメンバー

冒頭に書かれてありました。

【青道高校】

1番:倉持(ショート)
2番:小湊(セカンド)
3番:白州(ライト)
4番:御幸(キャッチャー)
5番:前園(ファースト)
6番:降谷(ピッチャー)
7番:東条(センター)
8番:金丸(サード)
9番:麻生(レフト)

【稲城実業】

1番:神谷(センター)
2番:白河(ショート)
3番:早乙女(ライト)
4番:山岡(ファースト)
5番:成宮(ピッチャー)
6番:多田野(キャッチャー)
7番:矢部(サード)
8番:神宮寺(レフト)
9番:江崎(セカンド)

スポンサーリンク

1回表

倉持のヒットで、いきないの『ノーアウト1塁』のチャンス。

◆2番、小湊

1塁ランナーの倉持がリードを大きくとっているため、バッテリーは『盗塁』があるため『クイック』と『ストレート』で1塁を警戒。その分、バッター小湊は『ストレート系ねらい』で勝負しやすくなっています。

初球は外角高めのストレート、ボール。

2球目はストレート・・・・・と思ったら手元で変化してきました。小湊、対応できずに引っかけてしまいます。サードゴロ。ランナーの倉持はスチールしていたため2塁は余裕のセーフ。サードは1塁に投げてバッターはアウト。ワンナウト2塁に代わりました。小湊、最低限の仕事をこなしましたね。

成宮が投げたのは『カットボール』だったようです。小湊はこのことを監督に報告。

小湊
『はい・・・途中までストレートに見えました』
『あれを混ぜられるとバットを止めるのは難しいですね』

どうやらストレートと区別するのは困難みたいです。

◆3番、白州

クリーンナップの白州は、予想外の『セーフティバント』を仕掛けてきました。3塁方向に転がすことで、最低でもランナーを3塁に送るという作戦です。また、白州は脚にも自信があるという事なのでしょう。しかし、1塁はアウト。

それでも『予想外の行動をとってくる』という印象を与えることは出来ました。こういうプレーは結構ピッチャーにとっても怖いです。

◆4番、御幸

ツーアウト3塁でバッターは4番の御幸。ここで1点取り流れを作りたいところ。

御幸は『追い込まれたらチェンジアップが来る』と警戒。チェンジアップを打つのは難しいと判断しているようです。

初球、成宮が投げたのはカットボールかな? 御幸はドンピシャで合わせてきました。予想していたのでしょう。しかし、ピッチャー正面でアウト。スリーアウトチェンジです。完全にミートしていただけに残念です。

アウトにはなりましたが『隙あれば点を取れる!』という印象を相手に与えるには十分の回となりました。

成宮バッテリーは『前半はチェンジアップを使わない』という作戦でした。それでも十分討ち取れると。しかし、そう簡単でもないという事はさすがに気づいているでしょう。激しい戦いになってきそうです。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク