◆前回のあらすじ◆

1回裏、青道高校の攻撃。法兼のピッチャーは『卜部』。今まで公式戦に出場したことが無いピッチャーが先発であったため、青道にはデータがありません。

1番は倉持。140kmを超えるストレートを投げてくるピッチャーでしたが、2球目をレフトに打ち返しヒット。ノーアウトで出塁します。2番は小湊。初球のスプリットに空振り。小湊はピッチャーのボールを見極めつつ粘り、結局はフォアボール。ノーアウトでランナー1、2塁に。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話・96話・97話・98話・99話・200話・01話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

法兼学園VS 青道高校

法兼 0 0
青道 0

スリーランホームラン

1回裏の青道の攻撃。

1番倉持のヒットと2番小湊のフォアボールでノーアウト1,2塁のチャンス。バッターは3番の白州。

2番の小湊が粘ってくれたおかげで『どういったピッチャーなのか』がだいたいわかっていました。白州は初球のボールをジャストミート。弾丸ライナーでホームラン。スリーランホームランです。思いがけず3点先制。これはピッチャーの沢村としてはとてもありがたい。

◆ピッチャー卜部、自己最速だった

ピッチャーの卜部が白州からホームランを打たれてしまいましたが、そのストレートは146kmで卜部にとっての自己最速のボールでした。言うなれば『最高のボールを打たれてしまった』というわけですね。

卜部
『もう・・・自信をもって投げれるボールがない・・・』

こんな心境になってもおかしくはありません。というか、なっているでしょうねぇ。

スポンサーリンク

卜部の悲劇

◆4番、御幸

最高のボールをホームランにされて、次は4番です。混乱気味でしょうし、どのように抑えればいいのかわからない心境でしょうね。

制球が定まらずフォアボール。また、ノーアウトでランナーが出ます。

◆5番、前園

いい当たりをさせるもセンターライナー。これでワンナウト。

◆6番、東条

セカンドゴロだったようですが、セカンドが悪送球のエラー。ワンナウトでランナー2塁3塁となりました。

セカンドは『ダブルプレー』を狙いたかったのだろうと思いますが、1塁ランナーの御幸がよく走っていたのでしょう。そして、東条も足の速いバッターですから焦ってしまったのでしょうね。

◆7番、金丸

ストレートをセンター前ヒット。3塁ランナーはホームイン。そして2塁ランナーも戻ってきてクロスプレー。セーフ。これで2点追加で青道は5点となりました。

ボールがホームに戻ってくる間に、バッターランナーの金丸は2塁へ。しっかりとした走塁を見せてくれます。

◆8番、麻生

ストレートを引っ張ってレフト横へタイムリーツーベースヒット。これで6点目。

1年の結城の変わりに出場した麻生、しっかりと結果を出しました。

◆スリーアウトチェンジ

この後、どうなったかはよくわかりませんが、スリーアウトチェンジ。まぁ9番の沢村はアウトでしょうね。

ツーアウト2塁の場面で1番の倉持。まぁ、ここでアウトになってスリーアウトチェンジになった可能性が高いです。

◆卜部、1回裏を投げ切る

ボロクソに打たれているのに、法兼はピッチャーを交代しませんでした。まぁ、1回ですからね。変えのピッチャーの準備などできていないでしょう。

というか、法兼にとって青道は格上でしょうから、卜部が打たれるようならほぼ絶望的だと考えていたのかもしれません。2回からはエースが出てくるとは思いますが・・・・・おそらくコールドゲームになるのではと思えます。

後は沢村の出来次第

バッター陣はしっかりと打てることを証明してくれました。

後は『沢村の出来』ですね。前の試合は良くなかったので、今回の試合で汚名返上、名誉挽回と行きたいところ。

沢村の出来がいいようなら次回か、その次くらいに法兼戦は終了になってくると思います。

もし沢村の調子が上がらないようなら、まだまだ試合は続くでしょうが・・・・・そこまで調子の悪い沢村など誰も見たくはないでしょう。まぁ、しっかりと抑えてくれるのではないでしょうかねぇ。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク