前回のあらすじ

二軍の練習試合。相手は百合高校。降谷は4番で慣れないサードの守備に入ります。バッターボックスから近いため瞬間的な対応が必要のサードというポジション。外野とは違う感覚に戸惑います。そんな降谷を気にかけて、キャッチャーの奥村はサードの降谷の方にあまりボールが転がっていかないよう、右バッターに外角球を集めます。奥村は御幸や沢村に一軍のスタメンを狙っていると宣言している以上、守備でも打席でも結果を出せるよう集中してプレイします。

一軍も別のグラウンドで練習試合。相手は千葉の久米高校。沢村は立ち上がりの1回に1点を許してしまうものの、以降は相手打線を確実に抑え6回まで1失点の好投。打撃陣も6回までに6店を入れるなど好調を維持します。そして次の日の5月18日。いよいよ春季関東大会が開幕します。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話・92話)

最新『ダイヤのA act2』

薬師は2回戦で敗退

関東大会2回戦。

薬師(西東京)ー浦島学院(埼玉)の試合。

序盤から薬師打線が爆発。1回に4点を入れた後、2点、1点、2点と4回までに9点をたたき出します。

ピッチャーはエースの真田。4回を0点に抑え、相手打線に付け入るスキを与えません。

ほぼコールドゲームかと思えたこの試合、怪我人続出で選手を休ませたい薬師は、5回から1年生を大量投入。

しかし、これが結果として裏目に出てしまいます。

1年生たちはエラーを連発。悪いムードが2年、3年にも影響し、打線も守備もガタガタに。

浦島学院は終盤、怒涛の追い上げ。

8回裏に同点に追いついた浦島学院は、9回裏に点を入れ、大逆転のサヨナラ勝ちとなりました。

ここで優勝候補の一つである薬師が消えてしまいます。

市大三校は2回戦を勝利

市大三高(西東京)ー千大戸松(千葉)の試合。

市大三高は1回表に2点を先制。

投げてはエースの天久が切れのいい変化球で相手打線を完全に封じ込めます。

5-0とリードした6回、市大三高は一年生ピッチャーの『照井』をマウンドに上げます。照井の1年生とは思えない貫禄のあるピッチングで、市大三高は5-1で勝利。見事3回戦に進出することになります。

稲城実業は3回戦で1年生ピッチャーを投入

次の日の関東大会3回戦。

稲城実業(西東京)ー北進学院(栃木)の試合。

稲城実業は2回戦で埼玉の強豪校『花崎徳丸高校』と対戦。エースの成宮で勝利を収めたため、成宮は3回戦はベンチで温存することに。

稲実の先発は平野。1回2回で計3点を取られてしまうものの、打線が平野を援護し、6回表で8-3とリード。

そして、6回裏、稲城実業は1年生ピッチャーの赤井をマウンドに上げます。

そしてこの日、この1年生のピッチングは、関東中に名が知れ渡ることに・・・・・・。

スポンサーリンク

◆感想◆

薬師、市大三校、稲実ともに2回戦から

この3校、全て2回戦からと表現されています。詳しいことは書かれていませんが、おそらく強豪校という事で『シード校』ということであり、1回戦は免除されたってことではないかなと勝手に思っています。ですから、青道もシードで2回戦からってことかもしれません。

薬師の一年たち

3年、2年メンバーは安定しているようですが・・・・・、新1年はボロボロのようです。というか、何故に出場させたのか!?(笑) 薬師は相当、選手層が薄いようです。3年が卒業したらどうすんでしょうね。

真田も3年ですから今年の夏で引退ですよ。ピッチャーどうすんのかなと思いました。薬師、夏以降が心配です。

白髪頭のさえない監督のチームに負けてしまったのかなと思ったら、ビフォアー、アフターでした。不憫な監督です(笑)。

市大三高の一年ピッチャー『照井』

こちらは期待の1年生ピッチャーがいるようです。とは言っても、1年生です。天久ほどのピッチングではないでしょうし、青道にとっては天久ほどの脅威では無いように思います。・・・・・無いと思うんですけどね、どうでしょう?

稲城実業の一年ピッチャー『赤井』

稲城実業も3年生のイメージが強いですよね。成宮たちが卒業して以降は、はたしてどういった選手が出てくるのか。

新1年の注目の投手になるとのことですが・・・・・降谷と沢村を足し合わせたようなピッチングをしてくるのではと予想。次回、どういったピッチングを行ってくるのか、楽しみです。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク