スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話・96話・97話・98話・99話・200話・01話)

最新『ダイヤのA act2』

◆試合状況◆

春季東京都大会 準決勝
『青道』VS『市大三高』

青道 2 0 0 0 2
市大 0 0 0 0 0

余裕が出てきた天久

5回表、青道の攻撃。

5番、白州を三振で打ち取った天久。

6番、前園。

天久
(顔の暴力・・・顔面圧・・・)
(顔は口ほどにものをいう・・・)

(つーかさ)
(この男一人で)
(青道の顔面偏差値下げまくってね?)

天久、心の中の発言とは言えひどい言い分です(笑)。投球中、このような余計なことを考えることもできるわけですから、かなり余裕が出てきたといえそうですね。

結局、前園をスライダーで空振り三振に打ち取ります。

7番、結城はブンブン丸?

1年生でスタメンを勝ち取っている『結城』。天久はカーブで様子見しますが・・・・・結城は狙いすましたかのようにフルスイング!! ・・・・・しかし、打ち上げてしまいました。ショートフライです。

天久は結城を『何の駆け引きもないブンブン丸』と評価しましたね。パワーは4番級ですが、経験がまだまだ追い付いていないようです。

5回表の青道の攻撃は三者凡退に終わってしまいました。

スポンサーリンク

プロ選手のような雰囲気

徐々に調子を上げ、実力を発揮し始めた天久。現在0対2。味方の反撃を待ちます。

記者たちは天久のメンタル面をこのように分析。

『基本、バッターを見下しているというか』
『リードされているにもかかわらず』
『どこか余裕めいたものを感じますね』

『あくまで自分は投手』
『得点は打者が取ってくれる』

空回りする降谷

なかなか制球が定まらず意気消沈気味の降谷に、皆は声をかけます。

『まず一つな!』

『楽にいこーぜ! 降谷』

『必ず追加点とったる!!』

『準備はできてる!』
『いつでもいくぞ!!』

『さあ、いくぞ!!』

5回裏、市大の戦闘バッターは4番の星田。

ストレートはある程度決まるものの、変化球を投げると大きく外れてしまいます。そのため、バッターはストレート狙い。そして、狙いすましたように星田はフルスイング。しかし、つまってライトフライに終わってしまいます。

降谷は、ここまで何とか0点に抑えていますが、かなり苦しいピッチングになっていますねぇ。

崩れ始めた降谷

コントロールが定まらない降谷に、御幸もリードしにくそうです。

せっかく4番を打ち取った降谷でしたが、5番をフォアボールで歩かせてしまいました。よい流れにすることができません。

そして、6番、キャプテンの安達に高めのストレートを狙われてしまいます。大きな当たり! 右中間を抜けてしまいます。一塁ランナーは一気にホームへ。市大三高、ここにきてやっと1点返します。

悪いながらでも、何とか0点に抑えていた降谷でしたが、とうとうつかまってしまいました。果たして降谷は調子を取り戻すことができるのか!?

スポンサーリンク