◆前回のあらすじ◆

7回裏、青道はチャンスを生かしきれずに無得点。チームの雰囲気が沈みそうな中、怪我で投げることを禁止されている川上がブルペンへと向かいます。キャッチャーを座らせることなく、ボールも使わず一人でピッチング練習。無言で沢村にエールを送ります。

8回表、市大三高の攻撃。バッターは8番の天久から。ピッチャー沢村、1球目は外角低めへのストレート、ストライク。2球目は同じコースへのスピリット、空振りでツーストライク。3球目は外角ボール球からのカットボール改でストライクゾーンへ。見逃しの三振です。川上からエネルギーを貰った沢村は会心の投球をおこないます。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話・64話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

市大三高VS 青道高校

市三 0 0 0 1 0 0 0 1
青道 0 0 0 0 0 0 0 0

8回表、市大三高の攻撃。ワンナウトで次は9番から

降谷も投球練習

沢村、好投を続けるも、打撃陣がなかなか点を取ってくれません。これはピッチャーにとってかなり苦しい状況だと思います。

そんな沢村を鼓舞するかのように、ブルペンで一人投球練習をする川上先輩。

そこへ降谷までやってきます。

降谷
『終わらせません、ここでは』
『勝てば続きますから』

川上はまだ診断結果が出ていません。怪我の状況によっては決勝で投げられる可能性があるんですよね。川上の為にも絶対に負けられない試合です。

ブルペンで投球練習を始める降谷。市大三高にしてみれば『沢村攻略しても降谷が出てくるのかよ』って感じでしょうか。相手の心をへし折るって意味でも、降谷がブルペンで投球練習をするってのは意味があると思います。

スポンサーリンク

8回表、市大三高の攻撃

8回表、市大三高の攻撃。ワンナウトでバッターは9番の宮本。

◆9番、宮本

カウント1-1の状況。

3球目:バッター宮本は沢村の球威が全く落ちないためバットを短く持って対応しようとしますが・・・・・外角低めへのストレートで、ストライク。バッテリーはバッターがバットを短く持っているため届きにくいところへ投げてきました。

4球目:カウント1-2で沢村の投げたボールは・・・・・この握りは『チェンジアップ』でしょうかねぇ。ストレート狙いで振りにいった宮本は空を切ります。空振り三振。

これでツーアウト。

◆1番、千丸

千丸
(前半、変化球が多かったが・・・)
(ここにきてストレートを増やしてきてる)

ストレートに目が慣れてしまうと後半で狙われてしまうので、あえて前半は変化球中心だったのかもしれません。

沢村
(まだ通過点・・・全国制覇へ走り出したばかり)
(止まれるか、チームの代表としてここに立ってんだ)
(軽かねえぞ、青道の魂、一人分じゃないんだ)

これは市大三高の監督に対しての返答のような意味合いでしょうね。

市大三高の監督
(青道投手陣の三本柱)
(だが・・・どれほどの投手を揃えていようと)
(マウンドに立てるのは一人だけ)

『けっして1対1の勝負ではない!』ってところでしょうか。8回、9回はピッチャーにとって体力的にも精神的にも厳しい状況になってきますし。

天久は『自分の代わりはいない』となって無理して頑張らなければいけませんが、沢村は『俺の後ろには降谷も川上先輩もいる!』って感じで全力投球が可能になりますからね。これはだいぶ違うと思います。

徐々にではありますが、青道の方へと流れがきているように感じますね。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク