◆前回のあらすじ◆

奥村が夜の自主練を終え部屋に戻ると、いるはずの無い沢村がいました。御幸に『一軍に上がるまでは沢村の球は受けない』と監督に主張したことを話に来たのです。そんなことやってると一軍も見送られるぞと茶化す御幸と沢村。そんな2人を見て、奥村は『一軍に上がるだけではなくレギュラーポジションも奪い取るつもり』であることを宣言。

一方、共に素振りをする降谷と由井。由井は投手以外のポジションを守ることをどのように考えているのか降谷に聞いてみます。降谷はやりたくないけど言える立場ではないので、下手なりに全力で頑張るつもりであることを話して聞かせます。そんな話をする中、降谷も、由井も自分にとって大切な何かに気が付くのでした。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話・09話・10話)

最新『ダイヤのA act2』

2軍の練習試合

青道のグラウンドで行われる百田高校との練習試合。青道高校は2軍のメンバーで挑みます。

先発ピッチャーは九鬼。サードには怪我で2軍調整中の降谷が入っています。

毎回ボールを投げるピッチャーと違い、守備だとなかなかボールが来ません。

内野はバッターとの距離が近いだけに、瞬発的な反応が必要になってきます。

降谷
(いつ飛んでくるかわからない打球に備え)
(自分の周りの取れるアウトを確実に取る)
(これが・・・マウンドでも外野でもない)
(サードの景色・・・・・)

降谷は必死に対応しようとしますが、動きがまだぎこちなく不安な状況。キャッチャーの奥村はそんな降谷の事を気にかけます。

2軍の試合をみつめる1軍メンバーたち。

御幸
(右バッターには外角多め・・・・・)
(なるべくサードに打球が飛ばないようにリードしてんのかな)

奥村のバッティング

7回表の百田の攻撃が0点に終わりベンチに戻る奥村。

ベンチ裏で試合を見ている一軍の御幸、沢村と眼があい、昨日の夜の出来事を思い出します。

(昨日の夜、御幸の部屋にて)

御幸
『面白れぇ』

沢村
『わはははは!』

御幸
『でもさ急いでくれないともう夏だよ?』
『予選始まっちゃうよ?』

(回想終わり)

何だか下に見られているような気がして悔しい思いをする奥村。

奥村は7回裏の先頭バッター。

奥村
(先輩方を差し置いて自分が試合に出る意味)
(それは理解している)
(けど・・・グラウンドに立ったら関係ない)
(試合に出るからには・・・・・)

奥村は内角の球をセンター前に打ち返します。

そこまで見届けた一軍メンバーは、もうすぐ始まる一軍の練習試合のための準備を開始します。

1軍の練習試合

青道Aグラウンド。相手は千葉の久米高校。青道の先発は沢村。

1回の立ち上がり、沢村は1点を許してしまいますが、以降は安定したピッチング。6回までで青道は6-1の5点リード。

沢村はチームを引っ張るピッチャーとして安定した結果を残し続けています。

二軍の試合が終わり、一軍の試合を見に来た降谷。

一軍の試合を見つめながら、降谷は監督とやりとりしているノートの事を思い出します。

監督
(投げる、打つ、守る、走る)
(毎日繰り返し行うこの動作こそが野球の基本)
(我々が野球をやる以上)
(この基本を疎かにしてはいけない)
(どれだけ大きな目標を掲げようとだ)

(人それぞれ歩み方は違えど)
(チームが目指す場所は同じ)
(求めているのは特別な事じゃない)
(当たり前のことをコツコツと)
(日々積み重ねられる者が本物になる)
(日本一の頂に近づくことができる)

(今一度問う)
(お前の言う日本一の投手とはどういう投手だ?)

降谷はマウンドの沢村を見つめます。

そして、次の日。5月18日。

春季関東大会がいよいよ開幕します。

スポンサーリンク

◆感想◆

サードの守備が増えてきた

一年の由井と結城もサードの守備練習を行うことに。これは穴場だと思われていますね(笑)。

長期的に見るなら、夏が終われば3年生は引退するわけなので
・ファースト前園
・ショート倉持
の2つが狙い目だと言えます。にもかかわらず、皆、サードに集まってくるという事は『夏の大会に出場する』ことを最優先に考えているってことのようです。むしろ、一年ならそんなにあわてずファースト、ショートを狙った方がいいような気もしますが、どうなんでしょうね? こういった考え方はスポーツの世界では消極的かなぁ?

沢村の存在が軽い(笑)

奥村の頭の中の『御幸のイメージ』はかなり貫禄がある存在になっているのですが、『沢村のイメージ』は笑っちゃうくらい軽い扱いになっていますね。これはなめられてますよ(笑)。

奥村が取ることができないような変化球を投げているというのに、それでもこの扱いですからねぇ。沢村は先輩としての威厳を奥村に見せつけることができるのか? 少し心配です。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

漫画雑誌の購入は『電子書籍』がお勧め

毎週、毎月購入する漫画雑誌は部屋にたまっていく一方で部屋もなかなか片付きません。

しかし漫画雑誌を『電子書籍』で購入すれば場所をとることはありません。スマホでも観ることができますし、パソコンでも観れます。意外と便利です。

本の方が見やすくていいという場合も結構多いのですが、漫画雑誌くらいなら電子書籍の方がいいのではないかなと個人的には思っています。捨てる必要もなく、何ヶ月も、何年も前の物を残すことができますので。お勧めです。

スポンサーリンク