◆前回のあらすじ◆

一年生チームの奮起に、気持ちが昂る結城と由井。一軍メンバーであるため試合に出場できないものの、監督に直訴し、出場機会を与えてもらうことになります。

そして試合は15-3で上級生チームの勝利!

上級生チームも、一年生チームも、一軍に上がるためのできる限りのアピールを行いました。果たしてその結果は・・・・・!?

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話・58話・59話・60話・61話・62話・63話・64話)

最新『ダイヤのA act2』

一軍合流メンバー

先日の紅白戦により、新たに一軍合流メンバーが発表されました。

3年は『3番センターだった三村』と『ピッチャーだった川島』です。

2年は『4番ショートだった高津』が一軍となります。

161207-d02

一軍に3人合流したということは、いずれ3人が二軍に落とされるということです。自分たちもうかうかしてられません。

先輩の維持

紅白戦では、一軍メンバーに選ばれている一年生の結城と由井も途中出場しました。

二人とも、さすが一年にして一軍に選ばれるだけあって、別格の活躍です。

しかし、だからと言って三年の自分たちが負けるわけには行きません。

161207-d03

後輩たちに簡単に背番号を奪われるわけにはいきません。

麻生は自分のふがいなさを情けなく思うのでした。

スポンサーリンク

御幸の考え

3-Bの教室。

御幸はスケジュール表を見つめながら、今後の予定を考えます。

161207-d04

5月末には東京選抜に選ばれている御幸は3日ほどチームから離れることになっています。

『東京選抜』自体が新しい試みです。アメリカチームとの対戦の都合上、今回は5月となりましたが、来年からは秋に行われることが決まっています。

なんにしても、御幸にはやることが沢山あります。

降谷は色々と考えすぎていて調子を崩しています。

沢村も今以上を目指していますし、御幸としては夏までにナンバーズを完成させてあげたいのです。

だからと言って、色々と与えすぎて頭ガチガチになられても困るため、バランスを意識した調整が重要となってきます。

そんなことを倉持に長々と語ってくる御幸を見て、倉持はなんだか楽しそうだなと感じるのでした。

仲良く野球の勉強をする沢村と降谷

2-Bの教室。

野球のことをよりよく理解するために、御幸から借りた本を、沢村と降谷は仲良く?一緒に読みます。

161207-d06

とは言っても、読むペースが違うため、言い争いに。

それなら破ってしまって、別々に読むことを沢村は提案します。

御幸の本を引きちぎってしまおうとする沢村と降谷を見て、マネージャーの春乃は必死に止めるのでした。

『だめー!!』
『本は大事に!!』

高津のことを考える金丸

そんな言い争いを横目に、同じ教室の金丸は別の事を考えていました。

紅白戦の後、金丸が高津に声をかけた時の話です。

『監督の前でこれだけアピールできたんだ』
『一軍合流あるかもな?』

そういう金丸に、高津は反発します。

161207-d07

高津はそういって自分の部屋に入っていきました。

思いがけない言葉にショックを受ける金丸。

一緒にいた東条は、金丸にフォローともツッコミともとれないような微妙な言葉を投げかけます。

『表情がムカついたとか?』
『信二って無自覚に敵を作るタイプだから』

161207-d08

一軍昇格を素直に喜ぶ高津

2-Aの教室。

窓際の席で、高津は外を眺め物思いにふけっていました。

そこへ親しい仲間3人が一軍昇格を祝いにやってきます。

161207-d09

自分のことをわかってくれている仲間の言葉で、やる気に火がつくのでした。

二軍で満足できない奥村

1-Aの教室では、奥村が悔しさをにじませていました。

監督からの発表で、自分を含めた一年生の4人が二軍に合流することになりました。

161207-d10

奥村は、以前、沢村に発した言葉を思い出します。

『必ず一軍に上がって見せます』

二軍では納得できないのです。

もうすぐ5月。そして、夏の大会までアッという間です。

161207-d13

それぞれの思いを胸に、新体制がスタートするのでした。

スポンサーリンク