◆前回のあらすじ◆

1回表の創聖高校の攻撃。降谷の剛速球にも当ててくる創聖高校打線は、ツーアウトからランナーが出て1、2塁に。バッターは5番の柳楽。ここで降谷のエンジンがかかってきました。155kmもの剛速球に柳楽は当てるのがやっとでショートフライ。降谷は何とかピンチをしのぎます。

1回裏、青道高校の攻撃。1番の倉持はピッチャー柳楽のツーシームを打ち返しますが、セカンドの奈良が良いところを守っておりセカンドゴロ。2番の小湊は、ストレートで押しまくってくるピッチャーに苦戦しセカンドライナー。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話・19話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

創聖高校VS 青道高校

創聖 0 0 0
青道 0 0

2回裏、青道の攻撃

前回は『1回裏、ツーアウト』まででしたが、今回は『2回裏、ワンナウト2塁』という場面からとなります。

おそらく

◆1回裏

1番:アウト
2番:アウト
3番:アウト

◆2回裏

4番:御幸がヒット
5番:アウトになるもランナーを進める

こういった状況で『ワンナウト2塁』ということだと思われます。

◆6番ピッチャー降谷

サードゴロでアウト。ランナーを進めることはできませんでした。これで『ツーアウト2塁』に。

◆7番センター東条

ショートゴロでスリーアウトチェンジ。チャンスを生かすことができませんでした。

現時点では相手ピッチャーを打ち崩せる雰囲気はありません。なかなか良いピッチャーのようです。しばらくは投手戦を覚悟しなければいけないかもしれませんね。

スポンサーリンク

3回表、創聖の攻撃

3回の創聖高校の攻撃となりますが、色々と省略されてあるため復習します。

◆1回表

1番:アウト
2番:アウト
3番:フォアボール
4番:ヒット
5番:アウト

◆2回表

6番~9番の4人が打席に立ったようです。

ということは、誰かが『フォアボール』か『ヒット』で出塁しています。

◆3回表

1番バッターは省略されてアウトのようです。

2番は高めのストレートを2球見逃した後、内角低めのスプリットに手を出して空振り三振。

2番
(もうちょい近いの頂戴)

2番がこのようなことを考えているということは、創聖高校は『内角狙い』なのかもしれませんね。

3番は内角低めを引っ張りますがファーストゴロ。これでスリーアウトチェンジ。

◆創聖高校が打ったボールをまとめてみる

『創聖高校は降谷の内角球を狙って打っている』のではないかなと思いましたので、『創聖高校がバットを振った』ものを列挙してみようと思います。

2番:真ん中?
4番:内角
5番:内角
2番:内角
3番:内角

やはり『内角』ねらいっぽいような気がしますね。全て『内角』を打っているっぽいですし。

監督の指示は『内角ストレート狙い』だと思います。

変化球もバットを振っていますが、これはあくまで『手が出てしまっている』だけだと思います。

4番の奈良が外角のボールに大きく踏み込んでいますが、これは一番余裕のある奈良がキャッチャーの御幸を混乱させるためのフェイクじゃないかなと思えます。

『外角に投げればほとんどのバッターは打てない』ということなのかも性ません。仮にそうだとするなら、そのことに御幸が気づいた時点で勝負あり、ではないでしょうかねぇ。『どこまで御幸を騙せるか』の勝負になっているのではと思えます。

3回裏、8番の結城から

3回裏、青道高校の攻撃。バッターは1年生の結城から。

スイングの勢いは超一流の結城。しかし、初球はツーシームで空振り。2球目も空振りでしたね。2球続けてツーシームだったのでしょう。

バッテリーは『ツーシームが頭にだろうだろうから』ということで投げたストレートでしたが・・・・・結城はそれを当ててきました。打球はライト線方向の大きな当たり。これは・・・・・行ったのか・・・・・!? 仮に入れば青道にとっては大きな一点です。

変化球の後のストレートに合わせられるとは、もしかしたら結城は『ストレート狙い』でバットを振っていたのかもしれません。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク