◆前回のあらすじ◆

4回表、青道高校の攻撃。2番の小湊は空振り三振でワンナウト。3番白州は外へ逃げるスライダーを上手く合わせて流し打ち。サードの頭上を越える。ツーベースヒットを打ちます。そして4番の御幸。成宮の高速系の変化球を全てカット。6球投げさせて2-2と粘ります。そして成宮は勝負に出る7球目。投げたのは・・・・・!?

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
30巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話
31巻74話75話76話77話・78話・79話・80話・81話・82話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

青道高校 VS 稲城実業

青道 0 0 0 0
稲実 0 0 0 0

4回表、青道高校の攻撃。ワンナウト2塁で、バッターは4番の御幸。

4回表、青道高校の攻撃

3番の白州がツーベースヒットを放ち、ワンナウトでランナー2塁。バッターは4番の御幸。

◆4番、御幸

カウントは2-2、7球目。

7球目、成宮は勝負球である『チェンジアップ』を投げてきました。しかし、御幸はそれを狙っていました。タイミングよくあわせてきますが・・・・・ボールの下をたたいてしまいファールチップ。御幸の考え以上にボールにキレがありました。

成宮
(前に飛ばせると思ってた?)
(一度バッテリー組んだくらいでさ)
(そんなに俺、安くないよ)

アメリカ代表と東京代表の試合でバッテリーを組んだ時のことを言ってますね。もちろん、アメリカとの試合で成宮は手を抜いていたというわけではないでしょうが『見たことがあるくらいで打てると思ったら大間違いだ』ということでしょうね。

8球目、外角高目へのストレートを御幸は打ち上げてしまいます。サードへのファールフライでアウト。今回のチャンスは成宮の勝利です。

さすがの成宮もここは『ガッツボーズ』でした。相当意識してたようですね。

スポンサーリンク

◆5番、前園

前園
(ガッツボーズとは珍しい)
(それだけ集中してたってことか)
(ええんやで、油断してくれても)

前園にしてみれば『どんな形でも点が入れば良い』という考えなのでしょう。むしろ『油断してくれている方が打ちやすい』ですからね。

1球目、前園は狙いすましたかのようにミートさせ振り抜きます。・・・・・が、これはショートゴロかな? いい当たりだったのですが抜けていきません。ファーストに送られてスリーアウトチェンジ。結局チャンスを生かすことはできず無得点で終わってしまいました。

4回裏、稲城実業の攻撃

◆5番、成宮

初球、降谷は内角低目へのスライダー、空振り。

2球目は内角高めで成宮をのけぞらせます。ボール。

その後、成宮はファールで粘って、降谷に6球投げさせます。成宮は粘って粘って降谷を崩していきたいという考えのようです。

そして7球目、降谷が投げたのは内角へのストレート。空振り三振。

珍しく成宮もかなり驚いています。それだけ降谷の投球が凄まじいという事です。降谷自身も現在の自分が『選抜の頃の絶好調時』に近いと感じているようですね。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク