◆前回のあらすじ◆

いよいよ春季関東大会が開幕。薬師は2回戦、自慢の強力打線とエース真田の安定したピッチングで4回までで9-0と浦島学院を圧倒しますが、選手温存で1年生を大量投入したのが裏目に出ます。エラー連発と貧打で8回までに同点に追いつかれ、9回にサヨナラ負けを喫してしまいます。

市大三高は天久の安定したピッチングが光ります。6回までで5-0。6回裏からは1年生ピッチャーの照井がマウンドに上がります。薬師とは対照的に1年生の活躍により試合は5-1の勝利。

次の日の3回戦。稲城実業は先発の平野が2回までに3点を入れられてしまいますが、その後、安定したピッチングを行います。打線も6回までに8点と投手を援護。そして6回裏、1年生ピッチャーの赤松がマウンドに上がることに・・・。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話・53話・54話・55話)

最新『ダイヤのA act2』

稲城実業の赤松の評価

稲城実業と北進の試合を見てきた渡辺は、寮に戻って来て皆に試合の報告を行います。

注目すべきは6回から投げた稲実の1年生ピッチャー『赤松』。

初先発で、相手が北進であるにもかかわらず、まったく動じることもなく落ち着いたピッチングでした。

しかも北進相手に6者連続三振。さらに、球速も130キロ台後半のスピードが出ていました。変化球も長身から投げ下ろすドロップカーブが独特でバッターを翻弄します。

稲城実業は成宮という左の絶対的エースが存在します。そこに脅威となりうる右の1年生ピッチャーが加わりました。稲実はさらに強力な相手になってしまったと考えられます。

関東大会の決勝は『白龍ー稲城実業』

5月20日の準決勝の第一試合。

白龍と市大三高の試合は先発ピッチャーによる投手戦となりました。4回までお互い無失点。

先に市大三高が2点を先制しますが、7回裏に美馬のタイムリーで同点。

結局、脚で稼いだ白龍が9回も内野ゴロの内に1点を追加しサヨナラ勝ち。決勝に進出します。

第二試合は稲城実業と紅海大相良の試合。

エースの成宮が7回までを無失点。打線も好調で、結局試合は8-2で稲城実業が勝利します。

決勝は『白龍ー稲城実業』の試合となりました。

降谷の投球練習再開

投球練習場では、怪我から復帰した降谷が投球練習を行っていました。マスクをかぶるのは御幸。

球も来ているし、変化球の切れも悪くありません。

怪我をした背中の状況も悪くないようです。

調整として、土曜日に二軍の練習試合の先発を行うこととなります。

スポンサーリンク

◆感想◆

青道は関東大会に出場してなかった

まさか、青道が出場していないとは思いませんでした。正直、余裕で出場しているだろうと考えていたのでビックリです。

で、調べてみると『春季東京都大会』で活躍したチームが出場しているようです。青道はその時、準決勝で市大三高に負けたので出場権を獲得できなかったようです。なるほど。

一年達の『赤松』の評価

青道の一年、奥村、瀬戸、由井も、同学年の稲城実業の赤松の事を知っているようです。そして、注目ポイントは『身長が伸びた』ことのようですね。

身長が高い方が有利であるという話は聞いたことがあるのですが、ネットでプロ野球選手の情報を見た感じ、あまり関係ないようにも思えますね。むしろ、低くい方が良いのではとさえ思えてきます。

http://baseball-data.com/ranking-height/all/p-1.html

皆さんも、身長など気にせず、自信をもってピッチャーに挑戦してみましょう!

青道が負ける伏線か!?

『一年の赤松なんてどうでもいい』
『とにかく成宮や!』

というこの発言。赤松にボロクソとやられてしまう伏線であるように思えてなりません。何だか負けフラグが立ってしまったような・・・!? そうはならなければいいのですが・・・・・。

御幸はそろそろ『東京代表』へ

何の大会の『東京代表』なのか、今のところよくわかりません。『東京代表』というくらいですから、各県の有力選手が集まって、試合を行うという大会だと思うのですが、そういった大会は聞いたことがありませんのでいまいちピンときません。私が知らないだけで有名なんでしょうかねぇ?

第一回大会となる何かの大会だと漫画内のどこかで語られていたような気もしますが・・・。まぁ、今後のストーリーで勉強させてもらおうと思います。

降谷がピッチャーに復帰

やっと投球練習を行っても大丈夫な状況となりました。投球自体は悪くないようです。

降谷は精神面に問題があるようなので、試合でどういったピッチングができるかなんですよねぇ。2軍の練習試合で投げるとのことですから、果たしてどういったピッチングをするのか気になるところ。

沢村は絶好調のようです

対して、沢村は精神面においても絶好調のようです。自分自身でうまくメンタルをコントロールする方法を理解しているってことなのかもしれませんね。一発勝負の試合では、どうしてもメンタル面が響いてきますから。

降谷が復帰してくるという事で、なおさら火がついているのかも。気負いすぎなければいいのですが。

奥村は御幸を恐れている

土曜日の二軍の練習試合、先発は降谷。そしてキャッチャーは奥村が指名されました。

奥村は御幸に『監督怒らせて一軍入りも見送られたりして』などと脅されていたので、スタメンを外されることも覚悟していたようです。

一体、奥村の頭の中ではどれだけ御幸が恐ろしい存在になっているのかと。そして、栄純が可愛すぎる(笑。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク