161012-d01

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話・44話・45話・46話・47話)

最新『ダイヤのA act2』

◆キャラクター紹介◆

◆東京代表◆

必ず一軍にあがって見せます

沢村にとって因縁のある1年の奥村。

奥村は、バッティング練習を終えベンチに戻ってきた沢村に、昨日の試合での立ちい振る舞いが良かったと話しかけます。

161012-d02

そして、マウンドでの問題点をずけずけと指摘。

褒められているのか、けなされているのかと、心ざわめく沢村。

そして、奥村は沢村の『ナンバーズ』を高く評価しています。それが完成すれば誰もが認める投手になっているはずだと。

161012-d03

奥村は、先日、沢村のナンバーズをとることができなかったことを思い出します。

何より、二軍である奥村にはまだ沢村のピッチングを受ける権利が無いのです。

161012-d04

沢村も、奥村の内に秘めた熱い思いを感じ取るのでした。

スポンサーリンク

監督に裏切られてしまった過去

奥村は、ジュニア時代のことを思い出します。

当時の監督は、とても熱心に、そして優しく教えてくれる監督でした。奥村にとっては尊敬できる監督だったのです。

161012-d05

そんな監督が、試合中に時折見せる『舌打ち』。そして、選手がミスを犯したときの罵倒。少しずつ、心に疑念が浮かびます。

決定打になったのは、監督がチーム辞めてしまって、なんとライバルのチームの監督になってしまったことでした。

161012-d06

信じて、ついていっていた監督にあっさりと捨てられてしまったのです。

最大級の恩返し

監督が辞めてしまって、約2か月後。

監督が移籍したライバルチームとの試合が行われました。

選手を捨てたはずの監督は、悪びれることもなく、笑顔でこちらに手を振っています。その姿は奥村にとって恐怖すら覚える光景でした。

161012-d51

今日の試合は死んでも負けたくはない。

奥村はチームの皆を奮い立たせ、全力で勝ちにいく試合を行い、結果、奥村たちは『7-1の7回コールド』で圧勝を果たしました。

試合後、元監督は笑いながらみんなの元へやってきます。よく頑張ったなと。

しかし、捨てられた立場の皆は完全に引いています。

奥村は元監督に言い放ちます。

『どんな気分ですか?』
『頼りない教え子に負けるのって・・・・・』

『楽しめましたか? 野球を』

161012-d09

元監督は、逃げるようにその場を去っていくのでした。

そういった経緯があり、奥村は『野球を楽しむ』ということがたまらなく嫌いなものになってしまったのです。

奥村が青道を選んだ理由

昨年の秋期大会を観戦に行った奥村と瀬戸。

より強いチームで、野球に集中できる環境を求めて、青道高校に行くことを決意します。

キャッチャーの奥村が興味を持ったのはピッチャーの降谷と沢村。

そして、一番彼を惹きつけたのは、楽しそうに野球をする同じキャッチャーの御幸だったのです。

161012-d10

確かめたい・・・・・
心の底から野球を楽しむ瞬間なんてあるのかを・・・・・

確かめてみたい・・・・・
自分の力がどこまで通用するのかを・・・・・

紅白戦を行う

161012-d11

紅白戦は『1年』と『3年』の試合。

即戦力につながる選手を見つけるための試合を行うことになりました。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように