◆前回のあらすじ◆

『青道VS創聖』の試合。球場には卒業した先輩たち5人も足を運んでくれていました。

そして、いよいよ試合開始。先攻は創聖高校。ピッチャーは降谷。キャッチャーの御幸。御幸は『初回はまっすぐで押していくからな』と指示。ストレートのできをみて試合のを組み立てていく考えのようです。そして、降谷の初球・・・・・1番バッターはセンターへと打ち返してきました。センターフライに終わりましたが、初球からミートさせてきたことに誰もが驚きます。創聖高校、降谷対策はしっかりとできているようです。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話・64話)

最新『ダイヤのA act2』

狙い球がわからない

1番は初級のストレートをセンターまで打ち返してきました。

2番もしっかりとボールに当ててきてショートゴロ。

2人とも打ち取られているとはいえ、降谷の剛速球をしっかりととらえてきています。どうやらスピードには対応できるチームのようです。

◆3番ファースト七月

ツーアウトでランナー無し。バッターは3番ファーストの七月。

キャッチャーの御幸は『相手の狙い球』を知るため、初球は『縦へ変化するスライダー』を要求。バッターはそれを降ってきました。『初球狙い』ということなのかもしれません。

2球目、3球目は高めへのストレート。バッターは振って来ませんでした。『高めは手を出すな』という指示なのかもしれません。

結局、フォアボール。3番を歩かせてしまいました。

降谷って『高めのボール球が多い』という印象です。監督から『高めは手を出すな』という指示が出ているとするなら、それは妥当な判断であるように思えます。

スポンサーリンク

4番、奈良

そして、創聖で最も怖いバッターである4番の奈良。

1球目は外角へのスライダー。ボール。

バッターの奈良は深く踏み込んできていました。『外角に投げる』と予想していたんでしょうかねぇ? それとも、しっかりと見えていたため踏み込んできたのか?

2球目は内角へのストレート。ファール。

奈良は窮屈なバッティングになっていました。ということは、1球目の時は『外角に投げると「予想」して踏み込んでいた』のだと思います。今回は予想が外れてしまったため『窮屈』なバッティングになったのでしょう。

降谷は3球目も内角に投げますが、ボールは甘いコースに来てしまいました。奈良をはそれを見逃さず、ライト前ヒット。これでツーアウトでランナー1,2塁になってしまいます。

5番、ピッチャー柳楽

ピッチャーながら5番を任されている柳楽は『打率4割越え』とのこと。なかなか打てるバッターのようです。しかも、今までの全員が降谷の剛速球にタイミングが合っているところを見ると、柳楽も対応できると考えられます。初回からこの状況。降谷、かなりまずいと思います。

沢村
『まだ初回だ! 慌てることないぞ降谷ぁ!』
『すでにツーアウトよ!』
『ここで止めれば何の問題もねぇ! わかってるよな!』

沢村、ピッチャーだけでなく、内野や外野にも指示を出します。ピンチな場面なだけに、こういった声掛けはピッチャーとしては心強く感じるかもしれませんね。

このバッターに対し、御幸が降谷に送ったサインは『ストレート』。

御幸
(このストレートこそお前の武器)
(調子のパロメーター お前そのもの)

御幸は『降谷ならまだ上の投球ができる』と判断しているようです。さてさて、降谷のエンジンはかかってくるかな!?

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク