◆前回のあらすじ◆

沢村の先発で始まった青道高校VS白龍高校の試合。

一番はショートゴロだったものの、内野安打にしてしまいそうな俊足を見せてきます。二番はカット打法でしつこく粘ってライト前ヒット。三番はレフト前ヒット! レフトが三塁へ送球している間にバッターは一気に二塁まで! なんとレフト前ヒットをツーベースにしてしまいました。驚異的な機動力野球を見せつけてきます。

初回からワンナウト、ランナー2塁3塁というピンチ。バッターは4番の北大路。いきなりピンチを迎えたこの場面で、沢村は集中力が高まります。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
30巻65話66話・67話・68話・69話・70話・71話・72話・73話)

最新『ダイヤのA act2』

4番ファーストの北大路

1回、ワンナウト2、3塁という状況で、バッターは4番の北大路。

1球目、2球目のインコースには打つ気配を見せてきませんでしたが、アウトローのボールにはくらいついてきました。おそらく狙いはゴロを打って、確実に一点を入れようということだと考えられます。

このピンチ、御幸はこれしかないと判断し、沢村にサインを出します。

御幸
(相手チームの頭にないボール)
(コースは多少甘くてもいい)
(しっかり腕をふれ)
(ボールのキレで打者を圧倒するぞ)

バッターはど真ん中へのストレートだと判断! 狙いすまして振りに行きますが・・・・・

空振り三振!

バッターは驚きます。完全にとらえたと考えていたのに、まるでボールが消えてしまったかのようになくなってしまったからです。

そのボールは、沢村の『カットボール改』でした。

5番キャッチャーの伊藤

これでツーアウト、ランナー2、3塁。

バッターは5番キャッチャーの伊藤。

沢村は落ち着いて御幸の指示通りアウトローをボールを投げ込みます。

バッターは流し打ちで合わせてきますが、小湊がさばき、ファーストへ送ってアウト!

沢村はランナーを2人だしてしまったものの、初回を0点で抑えました。

スポンサーリンク

警戒される沢村

2塁ランナーだった白龍の美馬は、さきほど4番を空振り三振にしたボールは『カットボールだった』とベンチで説明します。

まるで消えたかのように見えた沢村のカットボール。

白龍ベンチは、沢村の投手としての実力の高さを感じ取るのでした。

青道の攻撃的オーダー

機動力によって、多くのプレッシャーを与えてくる白龍高校。

今度は青道高校がプレッシャーをかける番です。

1回裏、青道高校は1番ショートの倉持から。

倉持は調子を上げてくる前にと、初球から狙ってきます! 外野の深いところへころがったことを確認した倉持は、一気に二塁へ!

白龍のお株を奪う、脚を使った走塁でツーベースにしてしまいます。

2番バッターは小湊。今まで2番は東条が打つことが多かったのですが、今回は打順を変えて攻撃的オーダーを組んできました。

ノーアウト2塁で、青道は先生のチャンスを迎えます。

スポンサーリンク