スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話

最新『ダイヤのA act2』

◆試合状況◆

春季東京都大会 準決勝
『青道』VS『市大三高』

青道 2 0 0 0 0 2
市大 0 0 0 0 1 1

ランナー1塁2塁のピンチでバッター天久

6番キャプテン安達のツーベースヒットで1点を返した市大三高。

不調の降谷は7番をフォアボールで歩かせてしまいました。ワンナウト、ランナー1塁2塁。

このチャンスに、バッターは8番、市大三高のエース天久です。ピッチングと違い、バッティングはあまり得意とは言えません。

天久
(変化球投げてくる? 俺ごときに)
(投げてこねぇよな)
(・・・俺ごとき・・・買いかぶり!!)

降谷は変化球がまったくストライクゾーンに入らないため、当然、天久もストレートに絞っていました。天久、レフト方向への浅い当たり。

しかし、レフトの結城は目測を誤り、いったん後ろに下がろうとして前に出ます。取れません。しかも、レフトの結城は後ろにそらしてしまいました。

ボールは無情にもフェンスまで転がって行ってしまいました。2塁ランナーだけでなく、1塁ランナーもホームに戻ってきます。2点追加、3点目で市大三高が逆転です。

エースの一振りで試合をひっくり返してしまいました。

スポンサーリンク

集中力は保てているエース

ライト結城のエラーがらみとはいえ、とうとう逆転されてしまい2-3となってしまいました。

キャッチャーの御幸はマウンドに上がり降谷の様子を確認します。降谷はまったく気落ちしていません。むしろ、闘志はみなぎっています。御幸は監督に『大丈夫だ』という合図を送ります。このまま降谷は続投です。

御幸が信じる降谷のピッチング

変化球がコントロールできていない降谷のピッチング。それでも御幸が降谷を信じてやれるのは『強力なストレート』があるからです。ストレートさえ低めに決まれば、降谷の球は、そう簡単には打たれません。

何より、今以上を目指す降谷を、御幸も信じてあげたいのです。

降谷が背負っているモノ

ツーアウト2塁でバッターは9番。ピッチャーとしては、一番確実に抑えられるバッターのはずです。

・・・・・しかし、降谷は制球が定まりません。ストライクゾーンに入りません。カウントを悪くしてしまい、苦しみます。

降谷が苦しむ姿をみて、観客席の成宮は思います。

(全国の舞台を知ったことで)
(更に強くなる己への要求・・・・・)
(エースの自覚、探求心、周囲の期待)
(リームの勝利に結びつく自分の投球)

(背負ったものの大きさ)

そして、甘いコースへ入ったストレートが、レフト方向へ抜けていきます。降谷、いまだに思い通りのピッチングができません。

スポンサーリンク