◆前回のあらすじ◆

4回表、市大三高は5番のレフト前ヒットで1点先制。6番はセカンドゴロでスリーアウトチェンジ。とはいえ、投手戦となっているこの試合で貴重な1点が市大三高に入りました。

4回裏、青道高校の攻撃。2番小湊はバットを短く持ち執念でレフト前ヒット。3番白州はバントの構えで確実にランナーを送ろうとします。しかし・・・・・ピッチャー天久が崩れ始めます。ボール、ボール、ボールとスリーボール。ストライクに入りません。このままフォアボールになれば青道にとっては大きなチャンスとなりますが・・・・・。観客席には市大三高に敗れた薬師の真田が来ていました。

スポンサーリンク

◆ダイヤのA act2◆

5巻37話38話39話40話41話42話43話44話45話46話
6巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
7巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
8巻65話66話67話68話69話70話71話72話73話74話
9巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
10巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話93話
11巻94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話
13巻12話13話14話15話16話17話18話19話20話
14巻21話22話23話24話25話26話27話28話29話
15巻30話31話32話33話34話35話36話37話38話
16巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話
17巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話
18巻57話58話59話60話61話62話63話64話65話
19巻66話67話68話69話70話71話72話73話74話
20巻75話76話77話78話79話80話81話82話83話
21巻84話85話86話87話88話89話90話91話92話
22巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話
23巻02話03話04話05話06話07話08話09話10話
24巻11話12話13話14話15話16話17話18話19話
25巻20話21話22話23話24話25話26話27話28話
26巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話
27巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話
28巻47話48話49話50話51話52話53話54話55話
29巻56話57話58話59話60話61話62話63話64話
30巻65話66話67話68話・69話・70話・71話・72話・73話)

最新『ダイヤのA act2』

◆現在の試合状況◆

市大三高VS 青道高校

市三 0 0 0 1 0
青道 0 0 0 0

3番、白州

4回裏、青道高校の攻撃。先頭バッターの2番小湊がヒットで出塁。ノーアウト1塁です。

何とかチャンスをものにしたい3番の白州。ところが、ピッチャーの天久が急に崩れ始めます。ボール、ボール、ボールと3球連続でボール。カウントを悪くします。結局、フォアボールで白州を歩かせることに。ノーアウトで1、2塁です。

3番の白州、しっかりとフォアボールで出塁とはいい仕事をしてくれますね。ピッチャーの調子が悪いときは変にバットを振らないほうがいいです。大人しくフォアボールで出塁するってのがピッチャーとしてもダメージがでかいですから。

プロ野球の世界などでも時々『バッターが無理に手を出してボテボテの当たり、ダブルプレーでチャンスが潰れる』なんてな感じでやらかす人がいるんですよね。観戦していてこういうバッターを見るのが一番つらいんですよ。

スポンサーリンク

4番、御幸

ノーアウト1、2塁という絶好のチャンスで、バッターは4番の御幸。一番期待できるバッターが出てきました。

『5番、前園』『6番、東条』『7番、結城』です。現時点ではちょっと期待できそうにないので、何とか御幸に頑張っていただきたいところです。

とは言え、まだまだノーアウト。御幸としては『一塁方向に打てば最悪ワンナウト2、3塁にはなる』という考えもあるようです。まぁチャンスをつぶすわけにはいきませんからね。

バッテリーもその考えはあったようですが、あえて相手の裏をついてインコースで勝負することに。

1球目、インコースへの変化球、ファール。御幸としては狙い通りのコースでしたが、変化が思っていたよりも鋭かったためとらえきれませんでした。それでも、当てることはできると確信できたみたいです。

2球目、外角へのストレート、ボール。際どいコースですが御幸は見送ります。しっかりとボールが見えています。

(真中の回想シーン)

ここで卒業した先輩『真中』の回想シーンが入ります。おそらく、試合前日。真中と天久が2人で会話している場面。さすがの天久も青道戦は緊張していたようです。

天久
『・・・俺、大事なところでやらかしがちな奴なんで・・・』
『ちょっとだけ怖い・・・というか・・・』

天久も信頼できる先輩には弱気なところを見せてしまうようですね。真中は『ようやく三高の一員になれたな』と前向きな考えを持ちますが・・・・・。

果たしてこれは『敗北フラグ』なのか『奮起フラグ』なのか。市大三高戦も『14話目』に突入しているわけですからそろそろ試合が大きく動き出すタイミングです。

3球目、内角へ食い込んでくる『スライ』だと思われます。御幸はそれを思いっきり引っ張り一塁方向へのゴロ。抜ければ2塁ランナーが帰ってきて同点の可能性も。取られれば最悪ダブルプレーもありえます。重要なこの場面、果たして・・・・・!?

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク